眠りのお悩み

【2022年版】おすすめの睡眠計10選

2023.01.17
睡眠不足やいびきに悩んでいるけど、睡眠の質を高める方法が分からないとお困りの人も多いはずです。それなら、睡眠計を手に入れて、睡眠をサポートしてみてはいかがでしょうか。 この記事では、睡眠をサポートしてくれる「睡眠計」のおすすめ商品の特徴や値段といった詳しい情報を丁寧に解説しています。 また、睡眠計の選び方やコツも紹介しているので、睡眠サポートツールの導入を検討してみてください。

睡眠の質をサポートしてくれるおすすめ睡眠計10選

睡眠を計測するスマートウォッチ

記事で紹介した商品比較一覧

画像
商品名 Powered by Sleepace スマート睡眠トラッカー SleepDot B502T タニタ(TANITA) 睡眠計 WI-FI スリープスキャン SL-511-WF2 Withings スマート睡眠パッド WSM02-ALL-JP フィットビット(Fitbit) Charge4 GPS搭載フィットネストラッカー FB417BYBY-FRCJK フィットビット(Fitbit) AltaHR フィットネストラッカー FB408SBKL-CJK ファーウェイ(HUAWEI) Band 4 pro ガーミン(GARMIN) アクティブトラッカー 活動量計 vivosmart4 ポラール(POLAR) IGNITE GPSフィットネス ウォッチ 90071063 Oura Ring オーラリング CTJGO2SLEEP 白
商品のポイント ・独自アルゴリズムで睡眠中の情報を自動集計してくれる
・据置型
・スマホ連携あり
・高感度センサーによって集計された情報からアドバイスを受けられる
・据置型
・スマホ連携なし
・シームレスIFTTTによる他製品との連動が可能
・据置型
・スマホ連携あり
・睡眠計、フィットネスに利用できる
・10日間連続使用可能
・リストバンド型
・スマホ連携あり
・睡眠計、フィットネスに利用できる
・7日間連続使用可能
・リストバンド型
・スマホ連携あり
・睡眠計、フィットネス、音楽プレーヤーとして利用できる
・リストバンド型
・スマホ連携あり
・血中酸素濃度を計測できる
・7日間連続使用可能
・リストバンド型
・スマホ連携あり
・自律神経計測や呼吸ガイダンス機能を利用できる
・5日間連続使用可能
・リストバンド型
・スマホ連携あり
・持ち運び可能でおしゃれに利用できる
・リング型
・スマホ連携あり
・就寝時の未装着して寝返りや睡眠リズムを計測できる
・リング型
・スマホ連携あり
購入サイト 楽天
Yahoo!
Amazon
楽天
Yahoo!
Amazon
楽天
Yahoo!
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Amazon
楽天
Yahoo!
Amazon
楽天
Yahoo!
Amazon

Powered by Sleepace スマート睡眠トラッカー SleepDot B502T

Powered by Sleepaceは、据置型の小型睡眠計です。
睡眠の質を分析する独自アルゴリズムが組み込まれており、眠っている間に次の情報を自動で集計してくれます。

・睡眠スコア
・心拍数
・呼吸数
・レム睡眠やノンレム睡眠
・寝返り

寝室に設置するだけで簡単に利用できるほか、スマホアプリを無料ダウンロードすれば、集計データを簡単にチェックできるようになります。
ボタン電池仕様の睡眠計であり、約2か月間連続使用できるため、管理が楽なのもポイントです。

料金 楽天市場:7,461円(税込)送料無料
Amazon:7,461円(税込)送料無料
Yahooショッピング:8,778円(税込)送料無料
睡眠計タイプ 据置型(机に設置)
スマホ連携 あり

タニタ(TANITA) 睡眠計 WI-FI スリープスキャン SL-511-WF2

スリープスキャンは、ベッドに敷いて利用する据置型の睡眠計です。
高感度体動センサーにより、睡眠中の詳細な情報をチェックできます。
また、睡眠情報の集計とは別に「快眠アドバイス」「睡眠日誌作成」など、今後の睡眠対策の目安を確認できるのが特徴です。

測定情報は無線LANを通じて簡単送信でき、専用サイトで集計情報をチェックできます。
健康的な生活をサポートするタニタが提供する睡眠計であることから、安心と信頼を期待できる製品です。

料金 楽天市場:44,900円(税込)送料無料
Amazon:40,818円(税込)送料無料
Yahooショッピング:45,756円(税込)送料無料
睡眠計タイプ 据置型(ベッドに設置)
スマホ連携 なし

Withings スマート睡眠パッド WSM02-ALL-JP

スマート睡眠パッドは、ベッドに敷いて利用する据置型の睡眠計です。
ベッドマットの下に敷いて利用できることから、睡眠時に違和感なく利用できます。
また、シームレスIFTTTにより、ベッドに入った際に自動で照明をオフにできるなど、連携機能にも特化している製品です。

スマホアプリを導入すれば、リアルタイムで睡眠時の情報を集計してくれます。
睡眠スコアの集計はもちろん、いびき検出機能が搭載されているため、いびきチェックを行いたい人におすすめの製品です。

料金 楽天市場:12,978円(税込)送料無料
Amazon:13,131円(税込)送料無料
Yahooショッピング:-
睡眠計タイプ 据置型(ベッドに設置)
スマホ連携 あり

フィットビット(Fitbit) Charge4 GPS搭載フィットネストラッカー FB417BYBY-FRCJK

Inspire2は、睡眠計測だけではなく、日常的な健康管理に利用できる腕時計型の睡眠計です。
スマートフォンの代替品として利用できる次の機能が搭載されており、生活の一部をスマート化できます。

・通話やメール受信
・カレンダー
・天気予報
・タイマー

専用アプリをダウンロードすれば、睡眠計測や健康管理機能をひとつに集約管理できるのが魅力です。
1回の充電で最大10日間継続使用できるなど、気軽に持ち運べる魅力的な睡眠計だといえます。

料金 楽天市場:10,620円(税込)送料無料
Amazon:7,098円(税込)送料無料
Yahooショッピング:-
睡眠計タイプ 腕時計型
スマホ連携 あり

フィットビット(Fitbit) AltaHR フィットネストラッカー FB408SBKL-CJK

AltaHRは、スポーツやアクティビティでも利用できる腕時計型の睡眠計です。
汗や水に強い防水保護が行われているほか、エクササイズ時には、自動で運動モードに切り替わる便利機能が搭載されています。

また、睡眠時には、睡眠ステージの評価やレム睡眠・ノンレム睡眠といった睡眠計測を実施できることから、日常的に利用できる睡眠計として人気です。
ほかにも、歩数計や心拍数をチェックできるなど、ダイエットやトレーニングでも活用できる一方、1回の充電で7日間継続使用と、前述した同じフィットビット製品より充電の持ち具合は短めです。

料金 楽天市場:59,398円(税込)送料無料
Amazon:8,980円(税込)送料無料
Yahooショッピング:-
睡眠計タイプ 腕時計型
スマホ連携 あり

ファーウェイ(HUAWEI) Band 4 pro

Band 4 proは、睡眠計だけではなく、スポーツ時の心拍数チェックや音楽プレーヤーとして利用できる腕時計型の睡眠計です。
睡眠中の心拍数をモニタリングして睡眠の評価を行うほか、睡眠状況からあなたに最適の課題と、睡眠に良いとされる情報が提供されます。

また、ランニングや登山といった移動が多いアクティブな要素に対して、GPSを取得し位置情報を地図上に表示することも可能です。
ブラック、ピンク、レッドと3種類のカラーを選べることから、おしゃれなアクセサリーとしても魅力的な製品となります。

料金 楽天市場:12,750円(税込)送料無料
Amazon:9,800円(税込)送料無料
Yahooショッピング:-
睡眠計タイプ 腕時計型
スマホ連携 あり

ガーミン(GARMIN) アクティブトラッカー 活動量計 vivosmart4

アクティブトラッカーは、睡眠時無呼吸症候群のチェックに役立つ血中酸素トラッキング機能が搭載された腕時計型の睡眠計です。
覚醒中および睡眠中のトラッキングが可能であり、スマホと連動することによって、簡単に睡眠時の状態を把握できます。

他にも、ストレス計測やリラックスタイマーといった、安定した生活に欠かせない機能を利用できるのが魅力です。
入浴中できるなど、肌身離さず装着できるため、日常的に利用できる睡眠計として役立ちます。

料金 楽天市場:16,800円(税込)送料無料
Amazon:13,302~20,000円(税込)送料無料
Yahooショッピング:-
睡眠計タイプ 腕時計型
スマホ連携 あり

ポラール(POLAR) IGNITE GPSフィットネス ウォッチ 90071063

IGNITEは、睡眠計測の中でも、自律神経計測や呼吸ガイダンスなどを利用できる腕時計型の睡眠計です。
スマートウォッチのように操作できるほか、画面上に睡眠トレーニングガイドを表示でき、毎日の達成状況をスマホと連動して表示できます。

カラーバリエーションが豊富であり、計測機能はスポーツにも活用可能です。
日常的な利用ができる睡眠計であるため、自身の目的に合わせて利用してみてください。

料金 楽天市場:22,993円(税込)送料無料
Amazon:17,800~28,073円(税込)送料無料
Yahooショッピング:-
睡眠計タイプ 腕時計型
スマホ連携 あり

Oura Ring オーラリング

オーラリングはシンプルなデザインをしたリング型の睡眠計です。
内蔵された計測システムによって睡眠トラッキングを行えるほか、日常的な健康を計測するパーソナライズトラッキングを利用できます。

シンプルな見た目であり、一目で睡眠計と気づきにくいため、おしゃれなアイテムとして利用できるのが魅力です。
小型の睡眠計ですので、重量を感じることなく気軽に持ち運びできるでしょう。

料金 楽天市場:25,980円(税込)送料無料
Amazon:53,400円(税込)送料無料
Yahooショッピング:59,075円(税込)送料無料
睡眠計タイプ リング型
スマホ連携 あり

CTJ GO2SLEEP 白

GO2SLEEPは、就寝時だけ着用して利用するリング型の睡眠計です。
睡眠計測に特化した製品であり、睡眠時の次の情報をスマホアプリに連動して整理してくれます。

・睡眠時間
・睡眠リズム
・寝返り回数

ゴム製の柔らかい素材であり、就寝時に違和感なく着用できるため、睡眠中だけ計測したい人向けの製品です。

料金 楽天市場:15,180円(税込)送料無料
Amazon:15,180円(税込)送料無料
Yahooショッピング:15,180円(税込)送料無料
睡眠計タイプ リング型
スマホ連携 あり

自分に合ったものを!睡眠計を選ぶポイント

スマートウォッチ

睡眠計を購入するとき「なんとなく目についたから」と気にせず選ぶ人もいるはずです。
確かに、最近の睡眠計は品質が向上しているため、どの製品を購入しても良い効果が得られます。
ただし、考えて選ぶ人よりも購入後に後悔してしまう人がいるのをご存じでしょうか。

睡眠計は、自分に合ったものを選ぶことで高い効果を発揮します。
睡眠計選びで失敗しないコツを含め、睡眠計選びのポイントについて解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

自分の目的に合う商品なのかチェックする

まずは、あなたの目的を洗い出してください。
睡眠計を求める理由は、次に示すように人によって異なります。

・何時間眠れているか計測したい
・いびきをかいていないかチェックしたい
・睡眠が浅くなっていないか調べたい
・正しく寝返りを打てているか確認したい
・自分の持っているスマホ(iPhone/Android)と連動できる製品を選びたい

睡眠の浅さを知りたいのにも関わらず、睡眠時間を図るだけの睡眠計を購入しても意味がありません。
睡眠計の製品によって搭載された機能や利用シーンが大きく異なるため、事前に自分の目的を洗い出してみてはいかがでしょうか。
例えば、睡眠に対して抱えている悩みを書き出して整理すれば、簡単に目的を抽出できますよ。

ライフスタイルに合ったタイプで選ぶ

睡眠計には、さまざまなシーンで活用できる複数のタイプが用意されています。
よって睡眠計は、あなたのライフスタイルに合うものを選んでみてはいかがでしょうか。

睡眠計は、大きく分けて3タイプから選べます。
参考例となる用途も含めて紹介するので、製品選びの参考にしてみてください。

【自宅だけで利用するなら】据置型・リング型がおすすめ

寝室など、自宅内だけで睡眠計を用いる予定なら「据置型」「リング型」の睡眠計を購入しましょう。
例えば、目覚まし型やマット型の睡眠計が該当します。

据置型やリング型の睡眠計の中には、睡眠の情報収集に特化した高性能な製品が販売されているのが特徴です。

目覚まし型の睡眠計は睡眠時の録音機能があるため、睡眠時の状況を簡易的にチェックできるでしょう。また、ベッドに敷いて利用できるマット型の睡眠計なら、寝返りの頻度といった細かい情報まで収集できます。

【持ち運びたいなら】リストバンド型がおすすめ

睡眠時だけでなく、日常的な健康管理を行いたいなら「リストバンドタイプ」の睡眠計がおすすめです。
リスバンドタイプは次に示す項目をリアルタイムで記録できます。

・心拍数
・歩数
・消費カロリー
・レム睡眠やノンレム睡眠の状況
・睡眠ステージ

スマートウォッチのように利用できるほか、GPSや脈拍計を使って常に健康を管理してくれるため、日々の健康管理を大切にしている人は、ぜひ購入を検討してみてください。
また、一部のリストバンド型はスマホと連携して着信やメッセージの通知機能を利用できるといった魅力があることも覚えておきましょう。

【日常生活でも活用するなら】腕時計型がおすすめ

普段から腕時計を着用している人は「腕時計タイプ」の睡眠計を購入してみてはいかがでしょうか。
前述したリストバンド型と、同様の機能があることはもちろん、デザインに優れるおしゃれな睡眠計が数多く販売されています。

日常的に時間を確認できる「腕時計としての機能性」と、あなたの健康を管理する「睡眠計の機能性」を兼ね備えていることから、健康管理の意識づけにあわせて通常の腕時計から移行しやすいのが魅力です。

連携機能で選ぶ

睡眠計の中には、Bluetoothを通じてスマホやPCと連携できる製品が数多く提供されています。

もし気軽に睡眠の状態をチェックしたいなら、連携機能に特化した睡眠計を選ぶといいでしょう。
また、ただ連携できるだけではなく、表示されるユーザーインターフェースに注目することも大切です。

例えば、集計された情報がグラフや表で分かりやすく管理される製品を見つけたり、過去のデータを長期的に保存してくれる製品を選んだりすることで、継続して睡眠への意識づけが行えます。
製品の中には連携機能が搭載されていないものが販売されているため、事前に連携機能をチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

満足のいく睡眠を確保したいなら、睡眠計を利用して自身の睡眠状況をチェックすることが大切です。
また、睡眠計を利用して睡眠状況をチェックすれば、身に起こっている睡眠トラブルにいち早く気づくことができます。

特に、一人暮らしをしている人の場合、自分の睡眠トラブルに気が付けない人もいるでしょう。
もちろん、家族と暮らしをしている人であっても寝室が別であれば問題に気が付けません。

年を重ねるにつれて、睡眠をもとにしたトラブルが起きやすくなるため、この機会に自分に合った睡眠計を探してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q.おすすめの睡眠計は?

A.おすすめの睡眠計については「睡眠の質をサポートしてくれるおすすめ睡眠計10選」で詳しく解説しています。 据置型、リストバンド型、リング型の使いやすい睡眠計の特徴や機能、金額を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Q.睡眠計はどのように選ぶべき?

A.睡眠計の選び方については「自分に合ったものを!睡眠計を選ぶポイント」で詳しく解説しています。 自分のライフスタイルに合わせて、次のポイントから睡眠計を探してみてください。 ・自分の目的に合う商品なのかチェックする ・ライフスタイルに合ったタイプで選ぶ ・連携機能で選ぶ

睡眠のお悩み