ホットミルクでぐっすり安眠

milk.jpg眠れないときに何かおなかに入れたいときには、人肌にあたためた牛乳が理想的でおすすめです。冷たいままの牛乳では胃を刺激してしまいますから、電子レンジで軽くあたためてください。

温かい牛乳は胃に負担をかけず、空腹感をやわらげて体を内側からおだやかに温めてくれます。牛乳に含まれるトリプトファンというアミノ酸は、脳内でセロトニンという睡眠物質をつくる材料となります。セロトニンはメラトニンという睡眠ホルモンの分泌を促すため、心地よい眠りを誘うことができます。

牛乳には、イライラをおさえるカルシウムの他にも、タンパク質、鉄分をはじめとするミネラル類、ビタミンA、B、Cなどがたっぷり含まれています。ビタミンBには神経を穏かにする効果があり、自然な眠りに導いてくれます。また、牛乳に含まれるタンパク質は鎮静作用があるため、心がゆっくりと落ち着いてきます。

banana.jpgまた、牛乳と同様にトリプトファンを豊富に含んでいるバナナをいっしょに食べると、セロトニンを作る効率がアップします。牛乳とバナナをミキサーにかけてバナナシェイクを寝る前に一杯。穏かな睡眠のために、一度試してみてください。

牛は夜になると昼間の3〜4倍のメラトニンを分泌するため、夜に絞ったミルクを飲むとより多くのメラトニンを摂ることができ、より眠りやすくなります。夜に絞った牛乳のことをナイトミルクといいます。ナイトミルクと表示されている商品が販売されていますので、お休み前に温かいナイトミルクを一度お試しください。