短時間睡眠者とは(6時間未満)

一日に必要とする睡眠時間は、4時間の人もいれば9時間の人もいます。寝つきが良くて目覚めはいつもスッキリ爽快、睡眠時間は6時間未満で十分という人を短時間睡眠者と呼び、逆に9時間以上の睡眠を必要とする人を長時間睡眠者と呼びます。一般的に、短時間睡眠者には比較的女性が多く、長時間睡眠者は男性が多いといわれています。

短時間睡眠者として歴史的に有名な人物と言えば、やはりナポレオン皇帝でしょう。ナポレオンの平均睡眠時間は一日3時間程度との記録があり、非常に密度の高い人生を送ったことが知られています。他に発明王のエジソンも短時間睡眠者として広く知られています。また、マイクロソフトを創業したビル・ゲイツは学生時代、数日間ほとんど寝ずにプログラミングに夢中になり、現在世界中で使われているウィンドウズを作り上げました。
現代においてもこうした短時間睡眠者は存在し、全人口の5〜10%を占めると言われています。中には3時間どころか毎日1時間程度の睡眠で大丈夫という驚異的な例も報告されており、このような極端な短時間睡眠者は、無眠者と呼ばれています。

短時間睡眠vs長時間睡眠.jpg

短時間睡眠者は寝つきが非常に早く、深いノンレム睡眠の絶対量は長くありません。しかし、夜中に目が覚めてしまう中途覚醒がほとんどなく全睡眠時間に占める深いノンレム睡眠の割合が非常に高く、無駄のない効率的な眠り方をしています。短時間睡眠者は目覚まし時計などがなくても自然に目覚めることができて、日中に眠気に襲われることがないのが特徴です。
あくまで短い睡眠時間で十分というタイプで、無理をして睡眠時間を切り詰めた生活をしているわけではないので、日中の判断力や活動レベルが下がるわけでもありませんし、週末の朝寝坊や寝だめもまったく不要です。
また、彼らはいつもより1時間早く就寝したら、いつもより1時間早く起きる、といったように自分の睡眠時間が一定しているという特徴もあります。なお、平日は短時間睡眠だが週末はまとめてたくさん寝ているという人は、単に「睡眠時間を削ってがんばっている人」に過ぎず、短時間睡眠者とは呼びません。

性格的には、明るく有能でパワーがみなぎり、周囲とうまくやっていける快活な人が多いようです。睡眠時間は短く深く眠り、起きている時間はメリハリをつけてテキパキとフル稼働しているような、エネルギーに満ち溢れた活動的なキャラクターです。仕事に趣味にやりたいことが山ほどあるという人が短時間睡眠者だと、非常に密度の高い充実した人生が送れることでしょう。ただし、考えようによっては全体的にがさつでデリカシーのない印象もあるため、極端になると周囲からの評判が悪くなりますので注意しましょう。

なぜ短時間睡眠になるかというと、個人的努力や仕事の都合などが原因ということもありますが、育った環境や遺伝の影響も大きいと考えられます。若い頃から短時間睡眠の人は、一生ずっと短時間睡眠を続けることになります。